非嫡出子の相続分を嫡出子の2分の1とする規定を憲法違反とした最高裁大法廷平成25年9月4日決定

 最高裁大法廷平成25年9月4日決定は、民法900条4号ただし書の規定のうち嫡出でない子の相続分を嫡出子の相続分の2分の1とする規定(本件規定)は憲法14条1項(法の下の平等)に違反すると判断しました。

 この最高裁平成25年9月4日決定は、本件規定は憲法14条1項に違反しないとした最高裁大法廷平成7年7月5日決定を変更したものであり、歴史的な転換点となる重大なものです。

 最高裁平成25年9月4日決定に対する論評はさておき、今後の実務における影響を確認しておきましょう。

1 最高裁平成25年9月4日決定は「本件規定は、遅くとも平成13年7月当時において、憲法14条1項に違反していたものというべきである。」とし、「本決定は、本件規定が遅くとも平成13年7月当時において憲法14条1項に違反していたと判断するものであり、平成7年大法廷決定並びに前記3(3)キの小法廷判決及び小法廷決定が、それより以前に相続が開始した事件についてその相続開始時点での本件規定の合憲性を肯定した判断を変更するものではない。」と判示しています。

そこで、以前の最高裁判決及び決定の事案における相続開始日を確認する必要があります。
①最高裁第1小法廷平成12年1月27日判決(相続日は不明)
②最高裁第2小法廷平成15年3月28日判決(平成12年9月相続開始)
③最高裁第1小法廷平成15年3月31日判決(②と同じ)
④最高裁第1小法廷平成16年10月14日判決(②と同じ)
⑤最高裁第2小法廷平成21年9月30日決定(平成12年6月相続開始)

 結局、最高裁平成25年9月4日決定は遅くとも平成13年7月当時において本件規定は違憲であるとし、最高裁平成15年3月28日判決は平成12年9月当時において本件規定は違憲ではないとしていますので、平成12年10月から平成13年6月までに開始した相続については、本件規定が合憲となるのか違憲となるのかグレーゾーンにあるということになります。

2 最高裁平成25年9月4日決定は「本決定の違憲判断は、Aの相続の開始時から本決定までの間に開始した他の相続につき、本件規定を前提としてされた遺産の分割の審判その他の裁判、遺産分割の協議その他の合意等により確定的なものとなった法律関係に影響を及ぼすものではないと解するのが相当である。」と判示しています。

 つまり、平成13年7月以降に開始した相続については嫡出子と非嫡出子の相続分は平等ですが、遺産の分割の審判その他の裁判、遺産分割の協議その他の合意等により確定的なものとなった法律関係の効力は覆らないということです。

 「その他の合意等」がどういう場合を念頭においているのか分かりませんが、例えば、明確な遺産分割協議がないが、相続人全員で預金の払戻しを受け、分配を終了した場合がこれに当たるのかもしれません。

今後の遺産分割においては、上記1と2の点に注意する必要がありそうです。

(弁護士 井上元)

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!