欺罔して相続放棄させたことが違法とした大阪高裁平成27.7.30

 相続放棄は、相続人が、被相続人が死亡したことを知り、相続放棄をするとの意思をもって行わなければなりません。

 ところが、相続人のうちの1人が他の相続人を欺罔して相続放棄をさせ、他の相続人が欺罔した相続人対して不法行為に基づき損害賠償請求をした大阪高裁平成27年7月30日判決の事例がありますのでご紹介します。

事例の概要

① 相続人のうちの1人が、他の相続人に対し、被相続人が死亡したことを告げず、被相続人が交通事故ばかり起こして借金の方が多い、老人ホームに入所させたいので必要な書類を書いてほしい、生活保護に必要であるなどと伝えて相続放棄申述書を作成させ、これを裁判所に提出して相続放棄の申述をさせた。

② 欺罔した相続人は、外観上、唯一の相続人となり、不動産の売却、預金解約などを行った。

③ 他の相続人は、相続放棄の取消しを申述し、受理された。

④ その後、他の相続人は、欺罔した相続人に対し、不法行為に基づき損害賠償請求を行った。

判決内容

 大阪高裁平成27年7月30日判決は次のように述べて請求を認めました。

「一審被告は、平成24年3月10日ころ、□□東警察署から、本件被相続人が死亡したとの連絡を受け、□□市へ赴き、同月14日、本件被相続人の死亡届を提出し、本件被相続人を火葬に付したこと、同月17日、□□東警察署から、本件現金と共に、本件被相続人の遺留品を受け取り、同月19日、本件貯金の払戻を受けたこと、その後、同年4月下旬ころ、一審原告らに対しては、本件被相続人が死亡したことを告げないまま、本件被相続人が老人ホームに入所するため必要であるとか、生活保護を受給するため必要であるとの理由により、また、本件被相続人は、財産よりも借金の方が多いとの理由により、一審被告も含めた相続人全員が相続の放棄をしなければならないと一審原告らに信じさせたこと(以下「本件欺罔行為」という。)、その上で、一審原告らに、一審被告の指示どおりに本件各相続放棄申述書及び本件各相続放棄申述回答書を作成させて本件各相続放棄申述をさせたことが認められる。一審被告は、以上のような手段を弄して、自らが本件被相続人の唯一の相続人であるという外観を作出した上、本件不動産を売却してその代金を取得し、本件預金の払戻を受けたことが認められる。そうすると、一審原告らは、本件欺罔行為により、本件各相続放棄申述をさせられ、これらがいずれも受理されることによって、本件相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなされるのであるから(民法939条)、その結果、一審原告らは、各自の法定相続分に応じた財産的損害を被ったというべきである。したがって、本件欺罔行為は、一審原告らに対する関係で、不法行為を構成するというべきである。」

コメント

 本件は極めて悪質な事例であって稀な事案だと思われますが、相続をめぐってこのような紛争も生じることがあるということです。

(弁護士 井上元)

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!