署名・押印を他の者が代行した遺産分割協議を無効とした浦和地判昭和58.1.28

 遺産分割協議は、共同相続人全員が合意することは必要であり、全員が会合し意見を交換することが望ましいと言えます。ただし、1人の作った原案を持ち廻って全員の承諾を得る方法でも、また、書面による同意を得てすることも有効とされています。

 しかし、相続人の1人が印鑑及び印鑑証明書を送付してなされた遺産分割協議を無効とした浦和地裁昭和58年1月28日判決がありますのでご紹介します。

浦和地裁昭和58年1月28日判決

「遺産分割は共同相続人が遺産に対して有する未分割の共有状態を同時的かつ合一的に解消せんとするものであるから、共同相続人が全員参加して行うべきものであるが、相続人の一部が遠隔地に居住するなどの理由により直接的に協議に参加することができない場合においては、当該相続人において、相続人以外の者を代理人に選任して協議に参加させることはもとより可能であるが、かような代理方式をとらずに、他の相続人が当該相続人の意向をも勘案して作成した遺産分割案を提示し、当該相続人がこれに明確な受諾の意思表示をする、いわば意思伝達の方式によることも適法と解されるのである。ただし、後者の方式による場合においては、遠隔地にいる相続人の意思が的確に伝達されることを要するのはもとより、当該相続人が遺産分割案の内容を熟知し、これに明確な受諾の意思表示をした時にはじめて協議が成立したと解するのが相当である。」

「かような見地から本件をみるのに、被告らは、本件遺産分割協議に参加しえなかった原告三女には、本件協議書の作成に先立って被告Yから再三電話連絡をしてその内容を説明し、同人の承諾を得て本件協議書作成のための登録印鑑及び印鑑証明書の送付を受け、右の了承に基づき、原告長女が本件協議書に原告三女の署名、押印を代行した旨主張し、同原告が被告Yに対し右印鑑及び印鑑証明書を送付したこと、本件協議書に同原告の印影があることは当事者間に争いがないが、原告三女との折衝に当った被告Yの供述によっても、また同人が記入した日記である○○によっても、被告Yが原告三女に対し本件協議書の内容を的確に伝達し、同原告がこれを熟知して受諾したとは到底認め難く、他に被告らの右主張事実を肯認するに足りる証拠はない。却って、原告三女本人の供述によれは、同原告が本件協議書の内容を知ったのは昭和56年○月に本件に関し調停の申立をした後であったこと、それまで、同原告は本件についての遺産割協議案を書面によって提示されたことも、口頭によって伝達されたこともないことが窺われるのである。

 右認定の事実によれば、本件遺産割協議は本件協議書につき、原告三女の明確な受諾の意思表示があったとは認め難いので、適法に成立したとはいえないというべきである。」

コメント

 上記の事案では、原告三女に対し遺産分割協議書は送付されておらず、同人が印鑑および印鑑登録証明書を送付し、これを利用して遺産分割協議書が作成されたというものです。

 遠隔地にいる相続人との間で遺産分割協議書を作成する際には、遺産分割協議書自体を送付して十分に内容を確認してもらい、自筆で署名してもらうという配慮が必要であったと思われます。

(弁護士 井上元)

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!