祭祀財産の承継

被相続人が死亡して、相続人等に承継されるのは、相続財産だけではありません。祭祀財産も承継の対象になり、相続とは別個で、誰が承継するのかについて争いになることがあります。

1 祭祀財産

     民法では、「系譜、祭具及び墳墓」とされています。系譜とは家系図といった家系の流れを示す図です。祭具とは、位牌、仏壇、仏具、神棚であり、墳墓とは、墓石、墓碑、墓地(墓地については争いがありますが、一般的に含まれると考えられています)のことです。

2 相続財産とは別の扱い 

    祭祀財産は、相続財産と別に扱われ、祭祀を承継すべき者である祭祀主宰者が承継します(民法897条)。相続財産とは別に扱われるのは、相続で分割するのはその性質上なじまないことや、従来の慣行や国民感情への配慮によるものです。

3 祭祀主宰者

祭祀主宰者は、以下のような方法で決まります。

① まず、被相続人の指定です。そのして方法は、生前の指定や遺言による指定でかまいません。書面でやる必要はなく、口頭でもよく、黙示的でも外部から被相続人の意思が分かれば足ります。

② 被相続人の指定がない場合は、慣習によります。

③ 慣習もなく、当事者間で争いがあるような場合は、家庭裁判所の審判によります。

4 祭祀義務の不存在

     祭祀主宰者に指定されると法律上当然に祭祀財産を承継します。祭祀主宰者に指定された被相続人等は、相続放棄をしても当然に祭祀主宰者になりますし、辞退することもできません。しかし、祭祀義務はありません。

  祭祀財産は、相続人等の間でもめることはありますし、祭祀主宰者になった者が、適切に祭祀財産を管理してくれるとは限りませんから、生前に相続人等に相談しておき、遺言等で適切な者を指定しておくべきでしょう。(弁護士中村友彦)

  

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!