遺言後、遺言者が生前に遺言内容を実現したが、死後相続人が当該遺言を破棄するとどうなるか

  遺言書を、相続人の一人が破棄したり・隠匿したりすると、当該相続人は民法891条5号により相続欠格になり、相続権を失います。しかし、事案によっては、遺言書を破棄したとしても、相続欠格に当たらないこともありえます。

 例えば、被相続人が遺言書を作成しましたが、当該被相続人が生前に遺言の内容を実現してしまったという状況下で、被相続人の死後、相続人の一人が遺言書を破棄したらどうなるのでしょうか。

 このような事案では、最高裁平成9年1月28日判決(判タ933号94頁)が求める不当な利益を追求する目的がないとして、891条5号に該当しないと言えます。また、遺言者である被相続人が遺言の内容を生前に実現したことで、遺言は取り消されたとみなされる(民1023条2項)ので、遺言書はすでに失効し、破棄したのは、無効な遺言書にすぎないとして、891条5号の「遺言書」の破棄はないともいえます。

  遺言書を破棄してしまった場合でも、必ずしも相続欠格にあたるとは言えませんので、具体的な事情を踏まえて慎重な対応が必要です。(弁護士中村友彦)。

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!