遺言書の開封

    被相続人の死後、遺品等を整理していると封筒に入れられた状態の遺言が見つかることなどがあります。単に封筒に入れられているだけの遺言であれば良いのですが、封に押印がされている遺言の場合は、絶対開封してはいけません。

1 封印のある遺言書の開封

民法1004条は、封印のある遺言書について、家庭裁判所での相続人等が立ち会うことを求めています。勝手に開封すると、5万円以下の過料に科させられる恐れがありますし、遺言の有効性にもかかわります。相続人間でもめる危険性も高いですから、家庭裁判所での手続きをキッチリと行いましょう。公正証書遺言を除いて家庭裁判所での検認手続きを行う必要がありますから、検認と併せてやるべきです。

2 勝手な開封による遺言の無効の可能性

遺言書には押印がないが、封筒に押印があるようなケースで、検認手続きで開封すれば有効ですが、それ以外だと無効になる可能性が高いです。

 封印のある遺言書を被相続人が作成しても、封筒に何ら記載がなければ、遺言書かどうかは相続人は分かりません。事案によっては、封印のある遺言書を勝手に開封してしまうこともあるでしょう。そのような事態を避けるためにも、封筒に遺言書在中である旨を記載するか、遺言書の存在を生前に相続人に伝えておいたりするべきです。(弁護士中村友彦) 

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!