相続放棄後の相続財産の管理

  被相続人の死亡により、相続人となった者でも、相続人とならないことになる制度が相続放棄です。相続放棄をする理由は、相続財産が積極財産がなく、借金といった消極財産ばかりの場合が多いでしょうが、積極財産のみでも遺産分割の親族間で揉めることの煩わしさから行うことはありえます。

 相続放棄した者は、相続開始から相続人でなかったことになりますが、相続財産の管理について注意する必要があります。

1 民法940条

  民法940条は、相続放棄をした者が、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、相続財産の管理をしなければいけないことを定めています。管理の程度は、自分の財産を管理するのと同程度の注意を払うことが求められます。

2 家庭裁判所に対する相続財産の保全に必要な処分を請求

  相続放棄をした者は、相続財産の管理を一定の間負わされる可能性があり、相続の煩わしさから抜け出ることができなかったり、財産の管理を巡って紛争のリスクをかかえることになります。

 そのような場合の対処法として、相続放棄をした者は、家庭裁判所に対し、相続財産の保存に必要な処分をすることを求めることができます(民法940条2項・918条1項)。請求された家庭裁判所は、相続財産の管理人を選任する(民法918条3項)といった方法で対処することになります。(弁護士中村友彦)

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!