遺産分割手続における使途不明金があるという主張

   相続人間で揉めて、遺産分割調停になった場合、相続人の一人に使途不明金があるという主張がされることがあります。この使途不明金があるという主張は、どの時点での使途不明金であるかなどで、その取扱いは異なってくることになります。

1 被相続人の生前の使途不明金

  被相続人の生前に、被相続人の財産を何らかに使用していたという主張ですが、これは大まかに分けると2通りに分けられます。

 ①特別受益

  何に使ったが分からないが、特別受益に当たるということです。

 ②不当利得・不法行為

  被相続人に無断で被相続人の財産を使い込んだのであり、不当利得や不法行為にあたるという主張です。この場合、不当利得返還請求権も不法行為請求権も可分債権ですから、原則遺産分割の対象になりません。

2 被相続人の死後の使途不明金

  遺産を相続人の一人が使い込んだという主張です。この場合、他の相続人らは、自分の相続分を勝手に消費されたのであり、不法行為請求権ないし不当利得返還請求権があるとして、一般調停事件や通常の民事訴訟手続きで解決を図ることができます。(弁護士中村友彦)

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!