遺産分割における相続債務の扱い

   被相続人の死後、被相続人の財産について遺言がなければ、遺産分割を行うことになります。この遺産分割において、相続人間で分けるのは遺産という積極的な財産ですが、相続により承継するのは財産だけではなく、債務も含まれます。この相続債務は、遺産分割においてどのように扱われるのでしょうか。

1 実務の扱い

  遺産分割において、相続債務を取り扱わないのが一般的です。遺産分割調停の中で、相続債務も含めて話すことは可能ですが、審判になったときには、判断の対象から除外されます。

2 遺産分割で扱われない理由

  大まかな理由は2点です。

(1) 当然分割であること

    最高裁昭和34年6月19日判決(民集13巻6号757頁)が、以下のように述べて、相続債務は当然に分割されるとしていますので、遺産分割の対象にならないことになります。

(判示)

 「債務者が死亡し、相続人が数人ある場合に、被相続人の金銭債務その他の可分債務は、法律上当然分割され、各共同相続人がその相続分に応じてこれを承継するものと解すべきである」

(2) 債権者との関係

    債権者の意思を無視して勝手に債務を処分されると、債権者の権利が侵害されるからです。債務だけを財産を持たない相続人の一人に集められると、債権者は回収が困難になってしまいます。(弁護士中村友彦)

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!