遺産分割をいつまでにすべきか

  遺産分割は、被相続人の死亡後からすることになりますが、いつまでに行わないといけないかは、法律上に規定はありません。したがって、原則として、いつでも自由に遺産分割をすることができることになります。

1 遺産分割請求権は消滅時効にかかるか

  遺産分割請求権は、消滅時効にかかりません。相続が開始して10年経とうが、20年経とうが遺産分割をすることができます。

2 個々の財産について時効取得の完成

  注意しなければならないのは、遺産を構成する個々の財産に対する時効取得です。例えば、相続人の一人や第三者が、勝手に土地を占有して使っているにもかかわらず、遺産分割を20年以上放置していると、当該土地を時効取得される危険があります。時効取得されるとその財産は遺産分割の対象から外れてしまいます。

3 遺産分割協議がすすまないとき

  遺産分割協議は話し合いですから、相続人間でまとまらなければ決着がつきません。この場合、家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てるべきです。調停も話し合いですが、不調に終わっても、家庭裁判所の審判により一定の判断がされます。

  遺産分割には期限がありませんが、放置していると資料等が散逸して、適正な遺産分割が出来なくなりますし、さらに相続が発生すると、遺産分割に参加する人数が増えて、多大な労力と費用がかかる事態になりかねません。後回しにせず、早く手を付けるべきでしょう(弁護士中村友彦)。

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!