遺産分割の禁止

   遺産分割は、原則として、相続開始後は自由にできます。遺産分割協議がまとまらなくても、遺産分割調停・審判を行えば、遺産分割をすることは可能です。しかし、例外的に、遺産分割が禁止されることがあります。

1 遺言による遺産分割の禁止

  被相続人は、遺産分割の禁止を遺言ですることができます。但し、遺産分割をしなければ、遺産は相続人間で共有する状態になってしまいますから、永続的な禁止はできず、遺産分割禁止の期間は5年を超えることができません(民法908条)。

2 協議・調停による遺産分割の禁止

  相続人間で、遺産分割をしないことの取り決めを遺産分割協議ないし調停ですることができます(民法256条1項)。取決めの期間は5年が限度ですが、更新の合意をすれば、さらに5年が限度です(民法256条2項)。遺産を構成する個々の財産について、遺産分割の禁止の取り決めをすることも可能です。

3 審判による分割禁止

  特別な事由があるときに限り、家庭裁判所は、期間を定めて遺産の全部または一部について分割を禁止することができます(907条3項)。特別の事由は、遺産の範囲に関して争いがあるような場合です。(弁護士中村友彦)

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!