代襲相続

   被相続人が死亡した時から相続が開始しますが、相続人となる者は民法によって定められています。基本的には、配偶者と子供、親と配偶者といった感じです。それでは、本来相続人となるべきはずだった子供が相続開始時に既に死亡していた場合にはどうなるのでしょうか。この場合、被相続人の子供にさらに子供がいれば、代襲相続というものが生じます。

1 代襲相続

  代襲原因が生じたときに、本来相続人となるべき者の直系卑属(兄弟の場合は、その子供まで)が、相続人となる制度のことです。本来の相続人が仮に生きており相続後に死亡したのであれば、本来の相続人の子供も財産を承継する可能性があったこととのバランスなどを趣旨をとします。代襲者は、被代襲者に代わって、その者と同一順位で相続人となります。

2 代襲相続により被代襲者になれる者

①被相続人の子供
②兄弟姉妹

3 代襲相続となる場合

①相続欠格
②相続人廃除
③相続開始前の死亡

  特定の相続人に財産を承継させたくないので、相続人廃除を行ったとしても、代襲相続により、当該相続人の子供に財産が承継され、相続人廃除した意味がない場合がありますので、注意が必要です。

4 代襲者となれる者

①被代襲者が子供⇒直系卑属
②被代襲者が兄弟姉妹⇒兄弟姉妹の子供

5 一つの代襲相続で、複数の代襲者がいる場合

  複数の代襲者の相互の相続分の割合は、平等で均等に割ることになります。(弁護士中村友彦)

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!