再婚した配偶者の連れ子に相続が生じるか

   被相続人が亡くなれば、相続が発生します。このとき、被相続人の子供は、相続人廃除や相続欠格にあたらない限り、基本的に相続権を有します。しかし、被相続人の子供といっても、実子であるのか、養子であるのか等、色々な意味があります。被相続人と婚姻した配偶者が再婚であり、当該配偶者に連れ子がいた場合に、再婚から相続が開始するまで長い年月が経ち、実の子供と同じように生活していることがあります。このような場合、再婚した配偶者の連れ子に相続権はあるのでしょうか。

1 配偶者の連れ子

  配偶者の連れ子との間で何らの手続きをしていなくとも、被相続人と全くの赤の他人というわけではありません。配偶者の連れ子は、一親等の直系姻族に当たりますので親族にあたります。しかし、それ以上の関係はありませんから、直系血族ではなく、相続権を有しません。

2 配偶者の連れ子に遺産を取得させるにはどうしたらよいか

  配偶者の連れ子と長い間共同生活をしていたような場合、被相続人としても遺産を取得させたいと思うことがあるでしょう。そのためには一定の方策をとらなければいけません。

(1)養子縁組

  養子縁組をすれば、被相続人の実子と同じように相続権を持つことになります。したがって、養子縁組さえしておけば、実子と同じ相続分として遺産を承継させることができます。なお、現時点の税法では、相続税の基礎控除についての計算で、養子の数を制限するとされていますが、配偶者の連れ子の場合には数の制限がありません。

(2)遺言

  養子縁組をしたくても、他の実子などの人間関係のせいでできないことがあるでしょう。このような場合、配偶者の連れ子に遺産を取得させる方法として遺言を作成し、遺贈等をすることが考えられます。ただ、遺言の作成に当たっては、推定相続人の相続分や遺留分に配慮しないと、後日紛争が生じる可能性がありますので、よく注意する必要があります。(弁護士中村友彦)

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!