3つの相続対策

相続対策というと何をすべきなのでしょうか?

 相続対策というと、色々な立場の人から色々なことが言われていますが、3つに分けて考えると分かりやすいと思います。

 この3つの整理方法は、「日経MOOK よくわかる相続2015年版」で3つの相続対策として紹介されているものです。

①争続対策

 相続が発生すると、相続人の間で遺産の取り合いになる可能性もあります。それに備えて、財産を整理したり、遺言を作成したりして、争いが生じないよう準備することが必要です。

②節税対策

 多額の相続税が課税される可能性があるのなら、なるべく税額が少なくなるよう準備が必要です。

③納税対策

 相続税が課税されると原則として現金で支払う必要があります。そこで、相続人が相続税を支払うことができるよう準備する必要があります。

誰に相談すべきか?

 ①の争続対策は弁護士に、②の節税対策や③の納税対策は税理士にご相談されるのが一般的でしょう。ただし、この3つは密接に関連していますので、状況によっては、両方にご相談されることも必要でしょう。

 ご自分の相続対策を考えている方は、この3つの相続対策を頭に入れてご検討ください。

(弁護士 井上元)

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!