公正証書遺言のメリット・デメリット

遺言は、大きく分けて三種類があり、「自筆証書遺言」「秘密証書遺言」「公正証書遺言」があります。それぞれ、メリット・デメリットがあり、遺言をする人が自己の財産の処分方法等のことを考えて最適なものを選ぶ必要があります。公正証書遺言は、その中でも特に慎重な手続きで行うもので、私としては、遺言を作成するのであれば、公正証書遺言の作成を勧めたいと思います。

1 公正証書遺言のメリット

  • 原本が公証人役場に保管されているので偽造・変造のおそれがありません(正本が遺言者に交付されます)。
  • 家庭裁判所での検認手続きが不要です。
  • 自筆できない者であっても遺言を作成できますし、署名ができなくても遺言の作成は可能です(民969条4号ただし書)
  • 公証人が作成に関わるので、遺言の正確性が相当程度担保されます。

2 公正証書遺言のデメリット

  • 費用がかかります。費用の詳細は、日本公証人連合会のHPに記載されています。
  • 証人を2人をそろえる必要があります(なお、当事務所では、所属弁護士が公正証書遺言の証人になります)。
  • 遺言の内容を秘密にできません。少なくとも証人には知られます。

 3 公正証書遺言の作成の有無 

      公正証書遺言をせっかく作成しても、相続人にその存在を知られていなければ意味がありません。公正証書遺言の有無は、公証人役場において検索できますが、生前に相続人等に遺言の存在を伝えておくか、遺言者の死後に相続人に伝わるようにしておく必要があります。 

                                                                                                                                                                                                   (弁護士 中村友彦) 

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!