ペットに遺産を残すことができるか

   家族として、長年ペットを飼っているが、自分の死後、自分の子供等の親族と付き合いがなく、ペットの世話を頼むことができない場合などがあります。そのような場合に、ペットに自分の遺産を渡せないか考える人は多いでしょう。しかし、ペットは家族としての存在としても、法律上は相続人ではありませんので、ペットに遺産を残す方法が問題になります。

1 ペットに遺言で遺産を渡せるか 

      ペット自体は、人ではなく権利能力がないため、ペットに対し、遺贈するといった遺言を書いたとしても、効力はありません。したがって、ペットに遺言で遺産を残すことはできないということになります。

2 負担付遺贈・条件付遺贈 

  ペット自体に遺産を残せなくても、自分の信頼できる人(相続人を含む)に財産を遺贈し、自分の死後のペットの世話を頼むという方法があります。このような遺贈として、受遺者に対し、一定の法律上の義務を負わせた上で遺贈を行う負担付遺贈や、ペットの世話を行ったら遺贈を行うという条件付遺贈という方法があります。 

                                                          (弁護士 中村友彦) 

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!