税理士、司法書士、行政書士など弁護士以外にも相続の相談を行っているところがありますが、弁護士に相談するとどう違うのですか?

貴方の代理人として相手方と交渉することや、家庭裁判所における調停に代理人として同行することができるのは弁護士だけです。したがって、紛争性が高く、調停や審判になる事案ですと、弁護士以外の者が解決することはできません。無理に解決しようとすると、不利な条件を押し付けられることになりかねません。弁護士の場合、審判における最終的な結論を見据えて交渉や調停に臨みますので、安易に妥協することはありません。ですから、まず弁護士に相談されることをお勧めします。

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!