遺産分割調停で自宅不動産を取得した事例

事案の概要

 父母の双方が、依頼者を除く他の相続人に相続させる旨の遺言があり、前任の弁護士から「依頼者の相続分は無い」と言われているとの相談を受けました。

 遺言を検討したところ、父の遺言の「母に相続させる部分」は先に母が死亡しているため効力がなく、その部分については依頼者も相続していることが判明しました。 そこで、遺産分割調停において、相続分を主張し、且つ、依頼者が居住している自宅については依頼者が取得する旨の調停が成立しました。

 

コメント

 遺言の解釈については専門家でも読み誤ることがありますので注意が必要です。

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!