遺留分減殺請求訴訟を提起し価額弁償で解決した事例

事案の概要

夫が死亡し、相続人として妻と先妻との間の子がいるところ、亡夫は自宅を先妻との子に相続させる旨の遺言を残していました。そこで、妻から遺留分減殺請求の依頼がありました。

遺留分減殺請求の内容証明郵便を送付し、相手方が不動産を処分することを止めるため処分禁止の仮処分を行ったうえで、遺留分減殺請求訴訟を提起しました。そして、相手方が当方に価額弁償金を支払うことを命じる判決により決着がつきました。

コメント

判決により価額弁償を受けることで解決した事案です。

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!