交流の余りなかった亡父の限定承認をした事例

事案の概要

 父母が離婚して母のもとで養育を受けていたところ、父が死亡して相続人となったものの、どのような負債があるか心配なので限定承認をしたいとの依頼がありました。

 親権者母が代理人として限定承認の申述をして、官報公告、知れたる債権者への債権届出の催告、預金解約などを経て、無事、資産の範囲内で弁済し、限定承認の手続を終了することができました。

 

コメント

 限定承認に関する民法の規定は不十分であり、また、裁判所は限定承認申述を受理するのみで裁判所の手続は終了してしまいます。そのため、不明確な点についても全て限定承認者が判断して手続を進める必要がありますので、一般の方にとっては大変な手続です。

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!