他の相続人に裁判上の相続放棄をしてもらった事例

事案の概要

 亡夫の死亡により、自分の他に死亡した子の孫2名(未成年者)が代襲相続人となった事案です。孫2名の親権者から自分達は相続を辞退する旨の意思表示があったので、手続をしてほしいとの依頼がありました。 亡夫の死亡から2年程経過していましたが、孫2名の親権者が相続開始を知ってから3ヶ月経過する前でしたので、急いで相続放棄申述書を作成し、同親権者に署名・押印をもらい、家庭裁判所で相続放棄の手続をとることができました。

 

コメント

 本件では、代襲相続人2名は未成年者でしたので、同じ親権者が未成年者両名の法定代理人として遺産分割を行うことは利益相反になります。そのため、遺産分割を行うためには、1名については家庭裁判所により特別代理人を選任してもらう必要があります。 しかし、この場合、家庭裁判所は、孫の特別代理人に対しては、原則として法定相続分を取得することを求めます。そのため、遺産分割で孫の取得分をゼロとすることはできません。 親権者が孫2名につき同時に相続放棄することは利益相反にならないため、本件では、相続放棄により無事解決することができました。

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!