相続分の譲渡を無効とした事例

事案の概要

 子が、認知症であった亡母名義の相続分譲渡証書に署名・捺印を行ったところ、その後の遺産分割調停では、相手方は相続分譲渡が有効であると譲らなかったため、相続分譲渡は無効であるとの確認訴訟を提起しました。  訴訟において、裁判所から、相続分譲渡は無効であるとの心証が示され、当方に法定相続分が存するとの前提で和解が成立しました。

 

コメント

 相続分の譲渡が有効であるとされると、一切、相続することができなくなってしまいますので、相続分譲渡証書を作成される場合には注意が必要です。

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!