遠縁の親戚に相続放棄を促した事例

事案の概要

 多額の債務を負っていた夫が死亡した後、妻である依頼者と子が相続放棄した後、夫の甥や姪が相続人となるが、付き合いが全くなく、連絡さえ取れないとの相談を受けました。 当事務所から後順位の相続人の方に連絡をとり、事情を説明のうえ、当事務所がこれらの方の代理人となって家庭裁判所に相続放棄の申述を行い、無事、受理されました。

 

コメント

 配偶者や子らが相続放棄をすると、被相続人の親や兄弟姉妹が、兄弟姉妹が亡くなっている場合には甥、姪までが相続人になってしまい、迷惑をかけてしまいます。このようなケースでお困りの方はご相談いただければと思います。

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!