相続放棄

相続放棄の手続

被相続人が死亡した後、特に財産もなく負債だけが残された場合の対応としては、(1)相続放棄をする、(2)限定承認をする、(3)相続して自分で支払う、のいずれかになります。

相続放棄の手続としては、家庭裁判所に相続放棄の申述を行うことになります。手続自体は難しくありませんが、債権者の対応等が必要な場合があります。

また、3ヶ月の熟慮期間を経過した後に負債が判明した場合でも相続放棄できるのか、積極的財産も存する場合の処理はどうするのかなど、判断に迷うことも多々あります。

相続放棄についてお悩みの方は、当事務所にご相談いただければ、適切な助言を行い、裁判所に対する相続放棄申述の代理をさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

サポート内容

家庭裁判所に代理人として相続放棄の申述を行います。

費用

基本手数料 5万円(税別)
2人目以降 1人につき3万円(税別)

複雑又は特殊な事情がある場合は別途見積り

実費別途

関連記事

解決事例

離婚を考える自立した貴女の相談に弁護士が応じます

初回のご相談は 1 時間まで無料

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30 ~ 12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

相談の流れ

相続の法律相談ご予約

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

土曜相談会のご案内

毎月1回、土曜日に相談会を行います。

初回1時間無料・予約制

詳細はここをクリックしてください

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家

Q&A 任意後見入門



任意後見契約締結から終了まで分かりやすく解説しています!