兄弟からの遺留分減殺請求に対応した事例

事案の概要

 依頼者が亡父の遺言により財産の多くを承継したところ、他の兄弟から遺留分減殺請求訴訟を提起されました。

 不動産登記、銀行の取引履歴、亡父のノート等の資料により他の兄弟が父の生前に多額の特別受益を受けており、遺留分は侵害されていないことが判明しました。その他、父が死亡する直前に銀行から出金した金員の取扱いについても争いがあり、最終的には和解で解決しました。

コメント

 本件は、遺留分減殺請求を阻止するため、依頼者と協力して過去の大量な資料を分析した事例です。

 

離婚を考える自立した貴女の相談に弁護士が応じます

初回のご相談は 1 時間まで無料

フリーアクセス:06-6226-5535(御予約受付:平日 午前9:30 ~ 12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

相談の流れ

相続の法律相談ご予約

06-6226-5535(平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家