他の相続人から遺言無効確認訴訟を提起された事例

事案の概要

 本件依頼者の母から当事務所の弁護士が証人となって公正証書遺言が作成された後に死亡し、依頼者が多くの財産を承継したところ、他の相続人から遺言無効確認訴訟を提起されました。

 亡母は、遺言作成時には認知症がある程度進行していたとの診療記録も提出されましたが、①公正証書遺言の他に自筆証書遺言も作成していたこと、②公証人や証人である弁護士が立ち会って母の意思を確認したこと、③当時母は相手方関与のもとに各種契約を締結していたこと等の事情があり、裁判官から遺言は有効と考えられるとの心証が示され、若干の解決金を支払うことで遺言は有効であることを確認する和解が成立しました。

コメント

 診療記録以外にも双方が大量の資料を提出した案件です。

 

離婚を考える自立した貴女の相談に弁護士が応じます

初回のご相談は 1 時間まで無料

フリーアクセス:06-6226-5535(御予約受付:平日 午前9:30 ~ 12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

相談の流れ

相続の法律相談ご予約

06-6226-5535(平日 午前9:30~12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間・土曜面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

OSAKAベーシック法律事務所

御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅1分

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4 丁目 3 番 6 号
淀屋橋 NAO ビル 3 階

交通至便 淀屋橋駅1分

アクセスマップはこちら

専門家ネットワーク

弁護士
税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、その他の専門家